スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

大変残念なお知らせをすることになりました。
クロスロードは「麻布演劇市」の発足に大きく関わり、以後20年「クロスロード親子劇場」公演を通して様々に活動して来ました。が、3月19日、下記の文書を麻布演劇市実行委員会に提出。
クロスロードアクターズクラブは「麻布演劇市」を脱退しました。

如何なる理由があるにせよ、これまで応援して下さった皆様に、今年の公演を楽しみに待っててくれている子供たちに、今年から麻布演劇市としてのクロスロード親子劇場は無くなりました。というお知らせをしなくてはならない事を、まずお詫びしなくてはなりません。このような事態となり本当に申し訳ありません。
尚、今後は「クロスロード親子劇場」の再開に向けて全力を注ぎます。
今年はクロスロード創立20年記念の年です。様々なイベントや、記念公演も計画中です。決まり次第、お知らせして参りますのでお楽しみに。
メンバー一同、これから益々頑張って活動していきますので、これから益々、皆様の応援をよろしくお願いいたします。


<3/19、麻布演劇市実行委員会宛提出文書、原文のまま>

麻布演劇市実行委員会
 委員長 池上研治殿


 これまでの実行委員会での経緯に対する当会としての見解は、2月実行委員会に提出した
「上申書」に示した通り。
更に、2月の実行委員会ではまたしても信じられない事態に遭遇した。4月に予定していた「20周年記念シンポジューム」の中止を実行委員の賛成多数であっさりと決定した。
20周年の幕開けとして行なわれたシンポジュームで演劇市の現状を考え、その上で全集団の公演を敢行し、その締めとして再度シンポジュームを開催し、21年目からの演劇市を標榜する。という20周年の重要な記念事業ではなかったのか?初回のシンポジュームには多くの区民にご参加頂き、その場で約束した事ではなかったか?どのような言い訳が通る筈も無く、この中止は区民観客に対する重大な背信行為であり、無責任の謗りは免れ得ない。この一件をとってみても、現参加団体が区民観客に対して無責任に、自らの台所事情によってのみ演劇市に加わっている事の証左である。もはやこの実行委員会には麻布演劇市の公共性、区民恊働等は考えられもしないのだろう。うわべだけの宣伝告知に奔走しても、肝心の区民観客との約束を平気で反古にするようでは、麻布演劇市に対する区民の信頼など得られるはずも無い。
「自主退会勧告」を出しただけで既にクロスロードを無きものとして扱った実行委員会で、実に暗澹たる思いで「上申書」提出に至らざるを得なかった次第である。
クロスロードアクターズクラブとしては、演劇市発足から関わり「麻布演劇市」に対する愛着は他に譲るものではない。しかし事此処に至り、当会に於いて慎重に協議した結果、これまでの当会に対する実行委員会の決定事項は一切承服出来るものでもなく、麻布演劇市にあってはならない排除の論理を持ち込み、区民観客児童から公演を奪い、区民観客への責任感もまるで無いような実行委員会であれば、もはや留まるには及ばず、との結論に達した。

依って、当クロスロードアクターズクラブは 麻布演劇市実行委員会から脱退する。

                                  以上
                      クロスロードアクターズクラブ一同
                             代表 田崎正太郎
2008年3月19日
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

クロスロードA.C.

Author:クロスロードA.C.
クロスロードアクターズクラブです
公演のお知らせや,その他の活動の紹介等もしていきます。
応援メッセージや前向きなご意見はどんどん書いて下さい!
苦情やネガティブなご意見は、ほどほどにね!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。